女性歓迎のマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 女性歓迎のマンション管理士求人

女性歓迎のマンション管理士求人

安倍首相が推進する経済政策「アベノミ クス」の、三本目の矢である成長戦略が2013年4月に発表されました。その中で安倍首相は女性が輝く日本を実現するために、2018年までに待機児童ゼロを目指すと宣言しました。この他にも現在は子供が1歳半になるまでの育児休業を3歳まで延ばす育休3年間の義務付けや、上場企業で役員に1人は女性を登用することなどさまざま方策を打ち出しました。

確かに女性が会社を退職したり、離職する理由として最も多いのが出産や子育てです。安倍首相が女性の活躍を成長戦略の中核と位置付けたのも、日本では先進国の中でも類を見ないスピードで少子高齢化が進んでいるからです。このままで若い労働人口が減少を続け、政府では海外からの移民労働者も真剣に検討しています。実際に深刻な看護師や介護福祉士不足に悩む医療の現場では2008年から、インドネシア・フィリピン・ベトナムからの外国人看護師や介護福祉士の候補生を受け入れています。

マンション管理会社や不動産会社で働く女性の中にも、マンション管理士や宅地建物取引主任者の有資格者が増えています。しかし他の業界と同様に結婚や出産を理由に、退職したり離職する女性も少なくありません。それでも子供を保育所に預け、また働きたいと考えている女性もたくさんいます。マンション管理士や宅地建物取引主任者の資格はもともと需要がある上に、復興事業や安倍首相が大型の公共事業予算を組んだことでどこでも人を求めています

ただ女性歓迎と求人に書かれていても結婚していない場合は、結婚の予定がありますかと必ず訊かれます。また結婚してまだ子供がいない場合は、お子さんを作る予定がありますかと訊かれます。もしまだ幼い子供がいる場合には、入社した後の育児について必ず質問されます。これはせっかく採用しても結婚や出産を理由に辞めたり、お子さんがいる女性に対しては子供が病気や怪我をした時に急に休まれたりすることを恐れているからです。

しかし採用担当者が面接でこのような質問するようなマンション管理会社や不動産会社は、育児休暇など女性支援制度が完備されていない証拠です。もし育児休暇や女性の再雇用制度が完備されている企業であれば、「心配されなくても大丈夫ですよ!うちの会社は育児休暇の実績や女性の再雇用制度が完備されていますから。」と答えるはずです。もし女性が安心して働ける会社を探されているのであれば、リクルートエージェントなどこのサイトのランキング5位以内の転職サイトには必ずあります。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.