年収が高いマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 年収が高いマンション管理士求人

年収が高いマンション管理士求人

マンション管理士の求人を掲載しているのは殆どが、不動産会社かマンション管理会社です。不動産会社でもマンションの管理を専門に行っているところが多いので、会社の収入源はマンション管理組合から貰う管理費ですが、これは特に金額が決まっているわけではありません。分譲マンションの戸数など、規模によっても異なりますが、それでも管理費にはかなり格差があります。

マンション管理士も不動産会社やマンション管理会社で働いているケースと、資格を取得して自分で開業しているケースとあり、独立しているマンション管理士の場合は、マンション管理組合から貰う管理費もピンキリです。下はそれこそ年間で20万円以下で管理契約を結んでいたり、最も多いのが年間50万円前後程度です。不動産会社やマンション管理会社の場合は個人のマンション管理士とは違って、管理しているマンションの数も桁違いです。

転職する場合にはその業界が成長産業なのかどうかで、年収にも随分と差が出てきます。例えば2012年度の不動産業界の平均年収は609万円で、一般的なサラリーマンの平均年収と比べるとかなり良いと言えます。一方のマンション管理会社ですが週刊東洋経済の2013年4月6日号で、日本の全上場企業の40歳推計年収ランキングが掲載されていますが、年収下位30社でワースト1位はマンション管理会社大手の日本ハウズイングでした。

気になるその調査結果ですが日本ハウズイングの、平均年齢は54.7歳で平均年収は277.3万円でした。ただし日本ハウズイングの平均年齢が高いのは、マンションの管理業務を行う準社員が多いからです。また平均年収が低いのは準社員の平均年収が190万円と安いからで、正社員の平均年齢は35.8歳で平均年収も507.2万円です。

これらの数字を見る限りは不動産業界や、マンション管理業界の平均年収は決して悪くはありません。また新築の分譲マンションの戸数も増えていて、マンション管理士の求人もかなりバラつきがありますが、リクルートエージェントなどの転職サイトで探すと500〜750万円が相場のようです。

ただこれもあくまで相場であって、転職する業界や職種によって大きく変化します。復興事業や大型の公共事業予算で沸く、建築業界は人手不足で賃金は上昇しています。これと同じように新築の分譲マンションの建築ラッシュや、中古マンションの建替えや大規模なリーフォームが多くなればマンション管理士の需要が上がり年収にも影響します。年収が高いマンション管理士求人に興味がある方はリクルートエージェントなど、このサイトのランキング5位以内の転職サイトで探されるときっと見つかります

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.