老後でも可のマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 老後でも可のマンション管理士求人

老後でも可のマンション管理士求人

日本は高齢化社会と呼ばれていますが、高齢者とは65歳以上の老年を指します。ただ65歳以上の方々を老年と、呼ぶのも失礼かもしれません。今の65歳以上の方々は健康で、見た目も若々しいからです。実は日本は1970年に高齢者の割合が7%を超え高齢化社会になり、1995年にはその割合が14%を超え高齢社会になりました。高齢者の割合が21%を超えると超高齢社会と呼ばれますが、2007年に日本は超高齢社会に突入しました。

2013年9月15日の総務省統計局の発表では高齢者人口は3186万人に達し、総人口に占める割合も25.1%と過去最高になり、ついに日本は4人に1人が高齢者となりました。さらに2015年には団塊の世代が65歳以上になるので、高齢者人口も3395万人を超えることが分っています。2013年4月1日からは法改正が行われ希望すれば、誰でも65歳まで働くことができるようになりました。

これまでであれば60歳の定年後は年金が支給され、悠々自適な生活を夢みる方も多かったはずです。しかし4人に1人が高齢者となった日本では少子化もあり、若者や中高年の労働者層が減少を続けています。そのため政府では海外からの移民労働者も検討していますが、これからは元気な高齢者が社会から必要とされる時代の訪れです。実際にスキルや技術を持った経験豊富なベテランエンジニアを積極的に採用し、若手の技術者へ指導を行い巧みの技の継承を行っている企業も出てきました。

さらに国内の市場が縮小する中で海外へ進出する企業も多く、中国やタイなどの東南アジアの工場で品質管理や、現地の従業員へ指導を行っているベテランのエンジニアの方もたくさんいます。さまざまな業種の企業が海外へ進出しているので、エンジニアだけでなくビジネスレベルが英語が喋れたり、海外で駐在員の経験がある高齢者の方の求人も増えてきました。

マンション管理士も高齢者の方を積極的に採用している、マンション管理会社や不動産会社もたくさんあります。例えばマンション管理会社大手の日本ハウズイングでは、多くの準社員も働いていますがその平均年齢は54.7歳です。もちろん65歳以上のマンション管理士の方も働いていて、もし老後でも可のマンション管理士求人を探されているのであれば、リクルートエージェントなどこのサイトのランキング5位以内の転職サイトで探してみてはいかがでしょうか。

転職サイトの専任の担当者が、高齢者の方が活躍できる求人の紹介を行ってくれます

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.