激務でないマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 激務でないマンション管理士求人

激務でないマンション管理士求人

マンション管理士の資格を取得し、それを生かすために転職を考える際、候補は一般企業への就職と独立開業の二つに絞られます。激務ではないということに力点を置いて、これからマンション管理士としての身を振り方を考えるならば、独立開業することをおすすめします。

ただし、独立開業しても成功する保証はありません。不動産会社やマンション管理会社に転職してサラリーマンとしての身分を確保する方が、収入は安定するでしょう。しかし、マンション管理士の資格を生かせる職場で会社員をやるとなると、残業や休日出勤も発生するような激務となる可能性が高いです。というのも、マンション管理の仕事には基本的に休みがないからです。24時間365日必要なときにはいつでも駆り出される仕事とも言えます。住み込みの管理人とマンション管理士はまったく別の職種ではありますが、トラブルやクレームなど管理人と連携して対処することが多いので、管理人の求めに応じて時間外でも出勤する必要があるときもあるでしょう。

また、不動産会社やマンション管理会社といったところに就職すると、マンション管理士の仕事だけに携わるということは不可能です。顧客開拓のための営業は欠かせませんし、日中は外に出ていることが多いので、資料の整理など終業後になることも頻繁です。「私はマンション管理士の仕事以外はやりません」などということは通用するはずがなく、サラリーマンである以上、会社にやれと言われたことはやらないわけにはいかないのです。よって、会社勤めは激務になる可能性があります。

このような事情があるため、激務ではないことに力点を置くならば、マンション管理士として独立開業することをおすすめするのです。しかし、独立しても激務ではないものの、経営がうまくいくまでには数々の難関をクリアしなければなりません。まず、独立するための資金があることは大前提ですし、開業後にどのように顧客を獲得していくかの戦略がしっかり立っていないと、マンション管理士としてだけで食べていけるようになるのは難しいです。安定して顧客を獲得できるようになるまでは、営業活動を展開してみずからを積極的にプレゼンして他と差別化が図れるように準備する必要があります。

独立開業して波に乗ることができれば、会社員のようにマンション管理士以外の仕事で煩わされることはなく、余裕のある働き方の実現も可能でしょう。ただ、それを実現している人はマンション管理士のなかでもごく少数であり、忙しく働かなくても利益を上げられるだけの創意工夫に富んだ人材であるという前提があります。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.