残業が少ないマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 残業が少ないマンション管理士求人

残業が少ないマンション管理士求人

残業は少ないほうが働きやすいでしょう。一番良いのは、”残業が少なく給与が高い”ことですが、そういった企業は決して多くありません。それでも、過労死が増えている現在、残業は少ないほうが心身への負担は少ないのかもしれません。

残業が少ないことのメリットを挙げると、”ライフスタイルに合わせて働ける””プライベートの充実が図れる”などになります。しかし一方で、”仕事にやりがいを感じづらい”という意見もありますので、必ずしも残業が少ないことが自分にとってプラスになるとは限りません。ですから、残業の量だけで求人を探すのではなく、全体を見るようにしましょう。ちなみに、一般的に残業が少ないと言われている職種は事務関連職や受付スタッフなどが挙げられます。マンション管理士は事務関連職になりますから、全体的に残業が少ないところが多いのかもしれません。実際の求人を見てみましょう。

あるマンション管理士の求人では、1日の流れが9時〜12時・13時〜16時30分・16時30分〜18時の3つにシフトが分けられています。このうち、9時〜12時と16時30分〜18時はデスクワーク、13時〜16時30分に担当マンションの巡回を行います。時間割がきちんとしているので、ほとんど残業がありません。また毎週水曜日はノー残業デーになっているので定時に帰社することができ、残業がある場合も1日あたり平均30分程度なので少なめです。ストレスを感じにくくプライベートとのバランスも取りやすいでしょう。ちなみに、月給は21万円〜31万円程度で、マンション管理士の平均月給(25万円〜37万円程度)を受け取ることができます。残業手当も付くので、残業があった日も安心です。さらに、入社後は管理業務主任者の資格も取得できますから、資格手当として給与にプラスされます。

もちろん、ひと口にマンション管理士の求人といってもさまざまですから、上記の求人以外にもいろんな応募先があります。マンション管理会社やマンション管理コンサルティング会社、不動産会社などは比較的給与も良いと言われていますから、ぜひチェックしてみてください。残業がある求人でも、きちんと手当が出るところであれば安心です。ただ求人によって記載がない場合もありますので、万が一残業の有無が不明なときは事前に問い合わせて確認してみてください。もちろん、待遇や福利厚生などもしっかりチェックしておきましょう。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.