大手企業のマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 大手企業のマンション管理士求人

大手企業のマンション管理士求人

マンション管理士とは、顧問・管理委託契約の見直し・管理規約の見直しの主に3つの業務をこなします。とはいえマンション管理士の業務は広範に渡るため、この3つはあくまで代表的な業務になります。また企業も、大手や中小などさまざまで、給与や年収も、勤務先やマンション管理士以外の資格の有無によっても大きく異なってくるでしょう。

大手マンション管理士の求人は、基本的に全国に支店や営業所を構えていることが多いのが特徴です。そのため採用率も高く未経験や第二新卒者からスタートする人も少なくないでしょう。たとえば日本ハウズイング株式会社は上場企業で、北は北海道・東北、南は九州・沖縄まで支店があります。そのため、トップの実績を誇り安定して働くことができます。

大手マンション管理士求人の魅力は、”給与・年収が高い””手厚い福利厚生””高待遇”などが挙げられます。先にも述べたように、マンション管理士は勤務先によって給与や年収に差があります。大手企業であれば安定していますから、中小企業に比べると給与や年収が安定しています。そのため、賞与も年2回あるところも多く、さまざまな手当や待遇などで安心して働くことができます。ですから、給与や年収、福利厚生などを重視される方は大手企業のほうが満足できるでしょう。

ちなみに給与や年収は、日本ハウズイング株式会社で500万円〜700万円程度。支店によって変動しますが、首都圏・東海・関西であれば月給20万円程度で、その他地域は月給19万円程度と少し下がります。またこれらに各種手当が付きますから、平均年収400万円程度を考えるとやはり高額です。それに年2回の賞与を考えるとしっかり稼げる企業といえます。他の大手企業マンション管理士の求人を見てみても、やはり年収は500万円前後のところが多く、安定していることが分かります。ただマンション管理士は、あくまで資格のひとつに過ぎません。そのため、マンション管理士の多くは宅地建物取引士や二級ボイラー技士などの資格を有している人も多く、たとえ中小企業でもこれらの資格を持っている人は良い給与・年収になりやすいでしょう。

また、求人は大手企業だけで選ぶものではありません。企業の規模にこだわる方は少なくありませんが、勤務時間や残業の有無、求める人材など全体を見て探す必要があります。大手企業や給与や年収だけで選んでしまうと失敗しやすいので十分注意しましょう。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.