建設会社のマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 建設会社のマンション管理士求人

建設会社のマンション管理士求人

建設会社では、建設工事の完成を請け負う仕事を主に担当します。国によって微妙に意味合いが異なりますが、日本では土木建築に関する工事で建設工事での完成を請け負う会社のことをいいます。ちなみに、建設工事は建設業法に規定するものです。

マンション管理士は、建設会社でも働くことができます。というのも、マンション管理士にはさまざまな勤務先があるからです。主に挙げられるのは不動産屋・マンション管理会社・ビル管理会社などですが、建設会社もマンション管理士が活躍できる場所のひとつ。ただ前述の3つに比べると求人の数は少なく、需要は決して高くありません。建設会社でマンション管理士を募集しているところは、ほとんどがマンション建設だけでなく管理業務など内部の仕事も行っています。マンションの管理業務だけでなく、建設にも興味がある方には適した勤務先といえるでしょう。

マンション管理士として働くには、どの勤務先でも資格が求められます。特に建設会社のように他の業務と併用してマンション管理業務も行う場合、マンション管理士以外の資格も持っていたほうが有利になるでしょう。資格取得支援制度を設けているところであれば無資格でも応募できますが、基本的に有資格者が優先されるので、まずは資格を取得することをおすすめします。マンション管理士以外の資格を持っていれば手当としてプラスされるケースも多いですから、給与アップにも繋がるでしょう。ちなみに、マンション管理士と併用して持っておくと良いと言われている資格は、”行政書士””宅地建物取引主任者””建築士””ボイラー技士”など。建設会社に勤める場合は、建築士の資格を持っていると有利になります。

気になるのが給与です。求人を見てみると、全体的に月額25万円〜35万円程度がほとんど。経験と資格などを考慮しているため、マンション管理士以外の資格を持っている方はプラスされやすいでしょう。ちなみに、マンション管理士の平均年収は400万円前後と言われていて、この年収は一般のサラリーマンとほとんど変わりません。しかし年収配分では300万円〜800万円程度になりますから、勤務先によって格差が大きくなっています。ですから、ただマンション管理士だけで求人を探すとあまり良い給与・年収は期待できないかもしれません。建設会社のマンション管理士のように、他の資格が必要になるような場所は平均より高くなりやすいでしょう。またスキルアップにも繋がりますから、転職の際にも有利になります。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.