手当が見込めるマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 手当が見込めるマンション管理士求人

手当が見込めるマンション管理士求人

マンション管理士という資格は、マンションの維持や管理についてマンション管理組合にコンサルティングを提供するための資格です。マンション管理の仕事自体はこの資格がなくても可能ですが、資格を取得していることで、プロフェッショナルとしての評価が高まり収入アップにもつながります。

また、不動産会社やマンション管理会社で働いていた人たちがマンション管理士の資格を取得後、独立開業するケースも見られます。独立して成功すれば年収1000万円超も夢ではないですが、実際にマンション管理士一本で成功している人はごく少数です。やはり一般の個人事業主やフリーランス同様、長期的に安定した収入を得ることは難しく、フリーで活動しているマンション管理士の多くは他の仕事を一緒にしている人が大半です。たとえば、司法書士や行政書士が仕事の幅を広げるために資格を取得したり、建築設計事務所やファイナンシャルプランナー事務所なども同時に構えていたり、ほかの収入源を確保していることがふつうです。安定して顧客を獲得するには自分で積極的に営業をしかけていくことは欠かせませんし、長期の顧問契約を結ぶといったことがない限り、マンション管理士だけの収入で老後まで安泰ということは少ないと言えます。

そこで、これからマンション管理士を目指す人におすすめなのが、会社員として働く方法です。不動産会社、建築会社、マンション管理会社など、マンション管理士を欲している企業に勤め、ほかの仕事の傍ら必要なときにはマンション管理士としての手腕を発揮するというやり方です。この方法なら、身分が会社員なので毎月の収入が安定しますし、福利厚生も約束されていることがほとんどなので、自分で保険や年金などの心配をする必要もありません。

それに、会社員として働くことのメリットに、マンション管理士という資格に対する評価のあかしとして資格手当が支給されることが挙げられます。資格手当の金額は企業によってさまざまですが、最低月に数千円、多いところでは数万円の手当を約束する求人もあります。上に述べた、不動産会社、建築会社、マンション管理会社といったあたりの求人を見ると、マンション管理士を優遇するということが明記されている求人なら、ほかより高額の資格手当が支給されるところが多いです。

ただし、一つ注意すべきなのが、会社員として働く場合、マンション管理とは関係のない業務にも携わらなければならない点です。資格保有者であってもマンション管理以外の仕事はしないというわけにはいかないので、その覚悟を持って転職活動を行ってください。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.