50代のマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 50代のマンション管理士求人

50代のマンション管理士求人

マンション管理士の試験は2001年から始まっているので、50代のマンション管理士の多くが苦労して40代で取得しています。最初のマンション管理士の試験には10万9520人の申込があり、実際に受験したのは9万6906人で合格者は7213人で合格率は7.4%でした。大変に難関なことで知られているマンション管理士の資格試験ですが、その後の合格率も7〜8%前後とその難度は変わっていません。

マンション管理士の資格を取得した50代の管理業務主任者方の多くはマンション管理会社や不動産会社に勤務していて、マンション管理業者に設置義務がある管理業務主任者や宅地建物取引主任者の資格を持っています。マンション管理士の資格は比較的に新しい資格で、会社から資格取得を推奨された方が殆どです。50代でマンション管理士の資格を取得する方もいますが、難易度が高い資格試験なので少ないのが実情です。

次に50代のマンション管理士の求人ですが50代の求人そのものが少なく、マンション管理士の資格を持っていても応募条件にはなっていません。マンション管理士の資格は医師や建築士のような、業務独占資格ではなく名称独占資格だからです。業務独占資格であれば求人の応募条件にその資格は必要ですが、マンション管理士の資格は名称独占資格なので、応募条件にも記載されていません。

50代の求人といえばハローワークを頭に浮かべる方も多いかもしれませんが、ハローワークの求人は零細企業や中小企業の求人が殆どで高いスキルや能力も求められていません。そのためハローワークの50代の求人の多くは夜警や工場などの軽作業など、アルバイトやパートで正社員の求人はあまり目にしません。ではどこで探せば50代の、マンション管理士の求人があるのでしょうか。

ずばりウェブ上にあるリクルートエージェントのような転職サイトには、高いスキルや能力を持った50代の求人がたくさんあります。その背景には再就職支援給付金から再就職支援奨励金へと名称が変更された、政府が成長戦略の一環でもある労働移動支援策があります。これは企業が自社の社員をリストラする際に、リクルートエージェントのような人材紹介会社へ依頼すればその時点で10万円が企業に支給され転職先が決まればこれまで40万円だった上限も60万円になったからです。

さらに対象が中小企業から大手企業にも適応され、人材紹介会社では50代の求人に力を入れているのです。ただ転職サイトでもマンション管理士の資格が、応募条件になっている案件など1件もありません。50代の方に企業が求めているのは単なる資格だけでなく、若い世代が持っていないような高いスキルや能力です。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.