40代のマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 40代のマンション管理士求人

40代のマンション管理士求人

40代のマンション管理士求人ですがリクルートエージェントなど、このサイトのランキング5位以内の転職サイトで探してみても、殆どが20代や30代の若い世代の求人です。これはマンション管理士の求人に限りませんが、40代で部長や役員になれる可能性がなければ、リストラの対象になる難しい世代だからです。これまでは多くの企業では50代の社員がリストラの対象でしたが、今は 40代の社員がリストラの対象になっています。

40代や50代で20代や30代のマンション管理士と同じようなスキルや、能力であれば間違いなくリストラの対象になるでしょう。終身雇用や年功序列などの恩恵を受けている40代や50代の社員は給与もそれなりに高く、若い世代と同じようなスキルや能力であれば会社側も可能性や将来性がある20代や30代の方を採用します。そのため40代のマンション管理士の方は転職する場合でも、40代に何が求められているかを事前によく調べ把握することが大事です。

それと簡単に次の仕事が見つかると安易に考えずに、在職で転職活動をすることも忘れてはいけません。40代で会社を辞めて1年以内に、転職先が見つからなかった方が30〜40%いる事実を忘れないことです。そのためには周到な準備と計画性が必須で、どんな方法で求人情報を探すかがあなたの転職の鍵を握っています。例えばハローワークでマンション管理士の、求人を探してもまずありません。

例えマンション管理会社や不動産会社の求人に応募しても、ハローワークの求人は殆どが中小企業で、マンション管理士の資格を十分に評価してくれるかさえ分かりません。書類審査もなく面接で直ぐに採用される可能性もありますが、年収がダウンすることも覚悟した方が良いでしょう。また政府の支援策で中高年をトライアルで採用すれば、補助金が支給されるのでそれ目当ての企業も多く正社員として採用されるかは不確実です。

その点ではリクルートエージェントなどの転職サイトの求人は殆どが大手企業で、転職サイトの専任の担当者に相談すれば40代のマンション管理士でも応募できるような求人の紹介を行ってくれます。転職サイトの求人は非公開の案件も多く、優秀な40代を探している企業も少なくありません。また担当者の中にはマンション管理会社や不動産会社の人事担当者に、直接あなたのことを推薦してくれる場合もあります。上手に転職サイトを活用することが、あなたの転職の成否の鍵を握っていると言っても過言ではありまん。
    

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.