30代のマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 30代のマンション管理士求人

30代のマンション管理士求人

マンション管理士の資格は2001年から始まったまだ歴史が浅い資格ですが、中古マンションが100万戸を超えている日本では注目の国家資格です。マンション管理士の就職先や転職先はマンション管理会社や不動産会社ですが、宅地建物取引主任者の資格取得者は多いので30代のマンション管理士はまだまだ少なく有利です。中古マンションだけでなく新築の分譲マンションも、景気の回復を受けて増えているのでマンション管理士はますます需要が高まっています

40代や50代のマンション管理士が多いこの業界ですが、マンション管理士の求人も殆どが35歳位までです。以前は35歳転職限界説などと言われていましたが、終身雇用や年功序列などの制度が崩壊した日本では、もうこの言葉も死語となりつつあります。ただ同じ30代でも30代前半と30代後半では、企業が求めているものを違ってきます。30代前半であればスキルや仕事の実績だけで判断されますが、30代後半であればそれだけでなくマネジメント力も求められます。

30代後半であれば普通は係長や課長などの管理職なので、企業側もスキルや実績だけでなく管理能力も採用基準になってきます。30代での転職は年収アップやキャリアアップを狙えるチャンスですが、35歳を境に求められる資質や能力も異なるので何が自分に求められいるかを把握することが大事です。そういう意味では35歳転職限界説は既に死語となっていますが、35歳は大きな境界線と言っても良いかもしれません。

30代前半であればプレーヤーとしての能力が採用基準で、30代後半はそれにプラスしてマネジメント力も評価されます。30代のマンション管理士の場合もそれは同様で、30代前半であればマンション管理組合からの相談に応じたり、さまざまなトラブルを解消するのが主な仕事になります。しかし30代後半の場合は部下の指導や管理職として、会社の業績を伸ばしたり仕事の内容も異なってきます。

30代の方でマンション管理士の求人を探されているのであれば、リクルートエージェントなどこのサイトのランキング5位以内の転職サイトで探してみてはいかがでしょうか。転職サイトの専任の担当者が、30代のあなたが希望するような条件で、マンション管理士の求人の紹介を行ってくれます。また求人の紹介だけでなく応募書類を持参すれば添削から、面接のセミナーの参加なども全て無料なので利用されることをお勧めします。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2017 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.