20代のマンション管理士求人

マンション管理士求人トップ >> 条件別 >> 20代のマンション管理士求人

20代のマンション管理士求人

マンション管理士の資格の合格率は7〜8%前後と超難関で、20代で取得すると転職に有利に働くことは間違いありません。マンション管理士の資格そのものもそうですが、それよりも20代でこの難関の資格を取得した努力がより高く評価されます。20代での転職も最近では新卒から3年以内に離職する、第二新卒など珍しいことではなくなりました。第二新卒も仕事が嫌で辞めるというよりは、本当にしたい仕事が見つかったという理由が増えています。

これも日本独特の新卒一括採用という雇用制度が存在するため、在学中に内定が得られずに既卒になることを恐れるからです。既卒になればそれだけで新卒と違い、一人で就職活動を行うことになり苦労します。近年はJALやANAのような航空会社などは積極的に既卒を採用していますが、それでも3年以内の既卒を新卒と同様に扱う大手企業は約2割程度しかありません。

さらにまだ社会人としての経験が浅い20代の若者を狙ったブラック企業の存在も社会問題になっていて、2013年6月17日には8社が第2回ブラック企業大賞にノミネートされ話題になりました。これは作家や弁護士や大学教授などが主体で運営するブラック企業大賞企画委員会が、その年のブラック企業をノミネートし選考理由と共に発表するものです。

2013年度のブラック企業大賞に、選ばれたのはワタミフードサービスでした。選考理由は2008年6月に入社してわずか2ヶ月で精神的に追い込まれ、自殺した女性社員に対して創業者で会長の渡辺美樹氏が、未だに謝罪もなく家族との面談も拒否していることです。2位は若い女性に人気の企業のクロスカンパニーで、選考理由は入社して1年しか経っていない女性の社員が、過労とストレスで亡くなったことです。

日本には建築され30年以上が経過した、中古マンションが100万戸を超えています。そのため建替えや大規模な修繕が急務で、マンション管理組合の対応を行うマンション管理士の需要は高まっています。どちらかと言えば中高年が多いマンション管理会社や不動産会社ですが、各社とも社員の若返りを図っていて20代のマンション管理士は歓迎されています。

もしマンション管理士の求人を探されているのであればリクルートエージェントなど、このサイトのランキング5位以内の転職サイトで探してみてはいかがでしょうか。転職サイトの専任の担当者が20代のあなたが、輝けるような求人の紹介を行ってくれます

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.