マンション管理士と宅建の比較は?

マンション管理士求人トップ >> FAQ >> マンション管理士と宅建の比較は?

マンション管理士と宅建の比較は?

マンション管理士の求人先は殆どがマンション管理会社や不動産会社ですが、この業界への転職に役立つ資格と言えば管理業務主任者や宅地建物取引主任者などの資格です。例えば管理業務主任者はマンション管理組合との管理委託契約を締結する際に重要事項を説明したり、管理状況の報告などをマンション管理組合に行うのが主な業務です。マンション管理会社や不動産会社は国土交通省へ業者登録を行う場合に、ひとつの事務所に付き30のマンション管理組合に対して最低1人の、専任の管理業務主任者を置くことが義務付けられている必置資格です。

それに対してマンション管理士は管理委託契約を締結したマンション管理組合の、理事会や総会へ出席したりしてさまざまな相談に乗ったり提案を行います。例えば古くなった中古マンションの建替えや大規模な修繕などの相談があれば、専門家としての適切なアドバイスや助言を行います。この他に首都直下型地震など災害への備えや、急速に進む高齢化のためバリアフリーなどさまざま工事のニーズが高まっています。そんな場合にはマンションの他の住民への工事の説明や、承諾などを得るのもマンション管理士の仕事です。

では宅地建物取引主任者は、どんな仕事でしょうか?宅地建物取引主任者(以下宅建)は戸建てや分譲マンションなどの売買や、アパートや貸借マンションの貸借契約の際に重要事項の説明を行ったり、重要事項説明書や契約内容記載書への記名及び押印が義務付けられています。マンション管理会社や不動産会社は原則として事務所に従業員5人に対して、1人の宅建を置くことが義務付けられています。またマンションのモデルルームのような案内所で売買契約を締結する際には、従業員の人数に関係なく1人以上の宅建を設置する必要があります。

マンション管理士と宅建の受験資格ですが両方とも、年齢・性別・学歴・国籍などの制限は一切なく誰でも受験できます。ただし両方の資格とも試験に合格して、登録を行う場合には一定の要件を満たす必要があります。試験日は両方とも年に1回でマンション管理士が11月の最終日曜日で、宅建が10月の第三日曜日に実施されています。出題される問題は両方とも50問で、四肢択一のマークシート方式です。合格率はマンション管理士が8%前後で宅建が16%前後と、マンション管理士の方が難度が高い資格です。

もしマンション管理士の求人を探している方はリクルートエージェントなど、このサイトのランキング5位以内の転職サイトに登録して探してみてはいかがでしょうか。転職サイトの専任の担当者があなたが希望するような、マンション管理会社や不動産会社の求人の紹介を行ってくれます。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.