マンション管理士の履歴書の書き方は?

マンション管理士求人トップ >> FAQ >> マンション管理士の履歴書の書き方は?

マンション管理士の履歴書の書き方は?

マンション管理士求人に履歴書を送る際、キーとなるのは志望動機の内容です。応募者は全員マンション管理士という難関資格を取得しているわけですから、志望動機で自分に何ができるか、自分の何が強みかということをしっかりアピールしましょう。ありきたりの内容では、実務経験や年齢など自分では変えられない要素だけで簡単に判断されてしまいます。たとえ人より経験がなく年齢的にハンデがある場合でも、企業にアピールする志望動機が書いてあれば、担当者に会ってみたいと思わせることは可能です。

まず、過去の実績や成功体験を盛り込みましょう。これは自分の強みをアピールすることにもつながります。たとえマンション管理業界の経験がない場合でも、企業にインパクトを与える経歴や経験があれば注目されるはずです。自分にはさしたる経歴はないと思う人でも、マンション管理士試験という難関試験を突破しているのですから、資格取得に思い至った理由を突き詰めていけば、志望動機につなげられることは見つかるでしょう。他人とは異なるマンション管理士に興味を持ったきっかけや具体的なエピソードがあれば、印象に残る内容になるはずです。

不動産業界やマンション管理業界での経験があるという方なら、それだけでかなり大きなアピールとなります。その場合も、ただ単に過去に勤めていた企業名を羅列するのではなく、そこで何を成し遂げてきたのかを具体的な例や数字を示しながらエピソードを構築することで内容に説得力を持たせられます。採用後にどのような活躍ができるかということも書きましょう。応募企業の良い点などを書くだけではなく、それを自分のスキルや経験とどう絡ませ生かすことができるかということに力点を置いてください。

また、今後のキャリアプランについても具体的に書いてください。マンション管理士以外の関連資格を取得したいと考えているのであれば、それを示すことで意欲をアピールすることにもつながります。たとえば、管理業務主任者や宅地建物取引主任者、また賃貸住宅管理士、そして区分所有管理士や定期借地借家権アドバイサー、さらにマンション維持修繕技術者などの資格なら、マンション管理の仕事にも大いに生かせるでしょう。これらの資格を取得し、マンション管理士としてどうレベルアップしていきたいのかを示します。また、キャリアプランについては、面接の際に突っ込んだ質問をされても答えられるようにしっかり準備しておいてください。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.