マンション管理士を辞めたい時は?

マンション管理士求人トップ >> FAQ >> マンション管理士を辞めたい時は?

マンション管理士を辞めたい時は?

マンションの居住者にとってマンションの管理状態はとても気になります。マンション管理士にとってみればマンションは職場に過ぎないかもしれませんが、居住者にとっては生活の場であり、運命共同体とも言える場所なので、それだけ細かいことまで気になるものなのです。したがって、マンション管理士にはさまざまな要望、ニーズ、クレームなどが殺到することになり、時には大きなトラブルに発展することもあります。住民同士のトラブルや、マンション管理組合と管理会社との間での板挟みなど、マンション管理士が仕事を辞めたいとまで思うケースはわりと頻繁に起きているようです。

辞めたいと思うまでにトラブルを大きくしないためには、マンション管理士には住民の目線に立った細やかな対応ができることが大切です。要望やクレームが出されたときには、早い段階で対処することが基本になります。問題が大きくなるまで放置しておくと、大きなトラブルに発展してしまい、住民のなかには説明してもわかってくれないクレーマーと化す人も出てくる可能性さえあります。そうなると、常に理不尽なことを言われ続けることにもなりかねず、もう仕事を続けることは不可能とまで思いつめる人まで出てくるでしょう。

また、マンション管理の仕事自体がつらいと思う場合もあるようです。マンション管理という仕事は、基本的に24時間365日求められればいつでも対応しなければならない仕事です。住民への対応が優先されるので、社内での書類整理などの業務は後回しになることがよくあります。よって、残業もたびたび発生するでしょう。また、マンション管理組合の総会や理事会は土日に開催されることが多く、マンション管理士はたとえ自分が休みの日でも調整して出席することが求められます。その場合、休日は平日に振り替えられることが基本ですが、忙しい時期にはそれもうやむやになって、結局休みなしでずっと働きづめという人もいるようです。

そこまで追い込まれることを防ぐには、マンション管理士一人ですべての問題を抱え込まないことが肝心です。マンション管理のすべてを一人でこなすことは土台不可能なことなので、社内連携は欠かせません。上司の理解がなかったり対応能力に問題があったりという場合も多いといいますが、なるべくならチーム制で業務に当たることを提案し、チームで一緒に問題解決に取り組める環境を作りましょう。そうすれば孤独感も軽減されますし、辞めたいと思うようなこともなくなるはずです。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.