マンション管理士は実務未経験でも可?

マンション管理士求人トップ >> FAQ >> マンション管理士は実務未経験でも可?

マンション管理士は実務未経験でも可?

マンション管理士は合格率が8%前後と大変に難度が高い国家資格ですが、医師や建築士のような業務独占資格ではなく名称独占資格です。そのためマンション管理組合に対して行うアドバイスなどの業務は、マンション管理士の資格がなくても行うことができます。ただ名称独占資格なのでマンション管理士の資格を持っていなくて、名刺にマンション管理士と書かれていたり看板などにマンション管理士と表示することはできません。

マンション管理士もマンション管理会社や不動産会社で社員として働く場合と、自分でマンション管理士として開業する場合と大きく2つあります。マンション管理会社や不動産会社で働いている場合はマンション管理士の資格の他に、宅地建物取引主任者や管理業務主任者の資格のいずれかを持っているのが普通です。マンション管理士の資格は2001年から始まったまだ歴史が浅い資格なので、マンション管理会社や不動産会社でもマンション管理士は若くて40代で多くが50代の社員です。

そのため20代や30代のマンション管理士そのももが少なく、就職や転職する場合でも実務未経験者が殆どです。マンション管理会社や不動産会社では中高年の社員から、若い社員へと世代交代を図っているところが多く、実務未経験のマンション管理士の求人を積極的に行っています。これはマンション管理士と言う仕事を行うには経験が必須で、マンション管理組合との交渉やトラブルを解決するには、高いコミュニケーション力と豊富な経験が不可欠だからです。

しかし40代や50代の経験豊富なベテランのマンション管理士ばかりを採用していては、いつまで経っても若手のマンション管理士が育ちません。そのため多くのマンション管理会社や不動産会社では、実務未経験の若い社員を積極的に募集しているのです。大手であれば研修や教育の制度が用意されているので、全くマンション管理士としての経験がなくても心配する必要はありません

もし実務未経験でも応募できるようなマンション管理士の求人を探しているのであれば、リクルートエージェントなどこのサイトのランキング5位以内の転職サイトで探してみてはいかがでしょうか。転職サイトの担当者があなたの希望するような、マンション管理士の求人を紹介してくれるはずです。実務未経験でも可能な求人の紹介だけでなく、応募書類を持参すれば添削も行ってくれます。面接セミナーも無料で受講できるので、是非とも転職サイトを活用して、就職や転職を成功させて下さい。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.