マンション管理士は中卒でもなれる?

マンション管理士求人トップ >> FAQ >> マンション管理士は中卒でもなれる?

マンション管理士は中卒でもなれる?

合格率が7〜8%前後と超難関のマンション管理士の資格ですが、受験資格に年齢・性別・学歴などの制限はなく誰でも受験できます。難関の国家資格ですが四肢択一のマークシート方式なので、よく出題されるポイントを押さえて勉強すれば合格も夢ではありません。50問が出題され試験内容は建物の区分所有等に関する法律や民法や建築基準法など、マンション管理に関する法令及び実務に関することです。

この他に管理組合の組織と運営や管理組合の業務と役割や、管理組合の苦情対応と対策など管理組合の運営の円滑化に関することや、マンションの構造及び設備や長期修繕計画や、マンションの管理の適正化の推進に関する法律などが出題されます。合格の基準は50点満点の34〜36点で、試験は毎年11月の最後の日曜日に行われます。マンション管理士の試験は2001年からスタートして、これまでの合格者の人数は約2万人ですが、マンション管理士として登録しているのは約1万5千人です。

マンション管理士の他にもマンション管理会社や不動産会社への就職や転職に、有利だと言われているのが宅地建物取引主任者や管理業務主任者の資格です。この2つの試験には合格するためには最低300時間の勉強が必要ですが、マンション管理士に合格するためにはその倍は必要だと言われています。ただ受験資格に学歴の制限がないので、最終学歴が中卒の方でも試験に合格すればマンション管理士になれます

今は高校へ進学するのが当たり前になっていて、中学校を卒業して就職する若者の数は約1万人前後で年々減少しています。しかしその一方で増えているのが高校を中退する若者で、高校を中退して就職する場合には最終学歴が中卒となります。そのため高校中退者から正社員として就職できるのは約3割程度で、あとはアルバイトやパートなどの非正規雇用です。そのためせっかく仕事に就いても、1年以内に離職する若者が半数もいます。

中卒の方でもマンション管理士の資格を取得すれば、難関の試験で知られているだけにその頑張りは高く評価されます。学歴が中卒でもアルバイトやパートなど非正規雇用の仕事でなく、最初から正社員として就職や転職を目指して下さい。非正規雇用だと雇用者の都合で簡単に解雇されたり、年収も年を重ねると格差がどんどん広がってきます。もし中卒で正社員としての求人を探されているのであればリクルートエージェントなど、このサイトのランキング5位以内の転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.