マンション管理士の適性(向き・不向き)は?

マンション管理士求人トップ >> FAQ >> マンション管理士の適性(向き・不向き)は?

マンション管理士の適性(向き・不向き)は?

マンション管理士とは、マンションの管理や維持に関する専門的な知識を持つコンサルタントです。仕事内容は多岐にわたり、管理費や修繕積立金などの会計、予算案の作成やその改定案の作成などのお金の管理から、総会や理事会の運営なども任されます。また、マンション管理の規約についても管理しますし、時にはその改正や見直しなども行います。そのほか、管理委託会社の選定や変更の決定、マンションの分譲に関しての相談を受けたり助言を行ったりといったこともマンション管理士の仕事です。また、通常の管理以外でも、たとえば災害によって被害を受けた時の補修についての助言や、外壁の張替えなどの大規模な修繕工事に関するすべての管理や手続きも、マンション管理士が一手に引き受けなければなりません。

このように、マンション管理士の仕事は、マンションの維持管理のための専門知識を駆使して、さまざまな人との交渉事や、ミスの許されない細かい事務作業などが中心となります。よって、交渉とデスクワークが得意であることが、マンション管理士の第一の適性となります。

マンションの維持や管理についてあらゆることにかかわるので責任は重大ですが、ふだんの仕事自体は裏方に徹する地味な仕事です。あくまでマンション管理組合をサポートする役目ですから、みずからが表舞台で脚光を浴びるような派手な仕事はありません。それでも、コツコツと誠実に日々の仕事に取り組める人だけが、優秀なマンション管理士として評価されるのです。また、マンションの管理規約の見直しや改定など、一つの事項を変えるだけで全体に影響を与えるようなことの責任を負わなければならないので、細心の注意を払ってミスなく仕事を遂行できる責任感の強い人こそが向いています。

また、マンションとは一つの建物におおぜいの人が生活する建物ですから、時にはトラブルなども発生します。騒音やペットの問題、共有スペースや敷地の利用権など利害関係など、当事者同士では感情のこじれからケンカにまで発展することもあるでしょう。そんな状況でも、中立な立場から冷静に対処できることが求められます。住人同士の問題は基本的に住人同士で解決することであり、権利関係の調整はマンション管理組合が受け持つことではありますが、当人同士では話がまとまらないときなど、マンション管理士が仲介役として頼られることもあります。つまり、それをこなせるだけの度量の深さと冷静な対応力など、人柄にかかわる部分でも適性が判断される仕事です。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.