マンション管理士になる年齢制限は?

マンション管理士求人トップ >> FAQ >> マンション管理士になる年齢制限は?

マンション管理士になる年齢制限は?

マンション管理士の受験資格ですが、性別や学歴などの制限はもちろんのこと、何歳でも受験できます。そのため極端な話ですが小学生でも、70代や80代の高齢者の方でも受験が可能です。ただ漢字検定などとは違い、小学生や中学生などの受験者はいません。マンション管理士のこれまでの合格者の平均年齢は約46歳で、最高年齢は78歳だと言うから驚きです。合格率も8%前後と難度が高い国家資格で合格者の世代別で見ると、30代が最も高く40代がそれに次いで高くなっています。

次いで合格率が高いのが50代で、20代と60代の順番になっています。ただ30代だけでが合格率が10%前後で、後は全て8%前後で大差はありません。2001年から始まった比較的に新しい資格と言うこともあり、40代や50代の中高年の方の受験者が多いのが特徴です。また40代や50代の受験者の多くがマンション管理会社や、不動産会社に勤務しているか勤務経験があり、8割以上が宅地建物取引主任者の資格を取得していて、7割以上が管理業務主任者の資格を取得しています。

これらからも分かるようにマンション管理士の合格者は、世代別で見ると30代が最も多いのですが、40代から60代までほぼ同じ割合で合格者がいるのが特徴です。また管理業務主任者の資格を取得していると、マンション管理の適正化法に関する5問が免除になるので、最近では管理業務主任者の資格取得者の受験が増えています。この背景には第一次ベビーブームの時期に生まれた団塊の世代が定年を迎え、マンションのバリアフリーや耐震強度などのリフォームのニーズがあります。

また2012年末の選挙で自民党が大勝し政権交代が起きそれまでの円高から円安傾向となり、景気が上昇し新築の分譲マンションの建築ラッシュも続いています。そのためマンション管理士の、資格取得に人気が集まっています。もしマンション管理士の求人を探されているのであればリクルートエージェントなど、このサイトのランキング5位以内の転職サイトで探すことができます。20代や30代の若い世代から50代や60代の世代まで、それぞれがマンション管理士として活躍できる場を転職サイトの担当者が最適の求人を紹介してくれます。

マンション管理士の資格を取得してマンション管理会社や、不動産会社に転職して経験を積み、定年後は開業することも可能です。あなたもこれからますますニーズがある、マンション管理士に挑戦してみませんか。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.