マンション管理士の再就職は難しい?

マンション管理士求人トップ >> FAQ >> マンション管理士の再就職は難しい?

マンション管理士の再就職は難しい?

一般的に40代や50代の再就職は、難しいと言われています。これは多くの企業で40代や50代の、中高年の社員を対象にリストラを敢行しているからです。日本では終身雇用や年功序列が既に崩壊したと言われていますが、40代や50代の中高年の社員はその恩恵を受けた最後の世代なのです。そのため仕事の割りに高い給料がネックで、コストパフォーマンスが合わないためです。さらにそれを後押ししているのが、失業なき労働移動と呼ばれている政府の企業支援策です。

これは安部首相が推進する成長戦略の一環で2013年5月16日に、それまでの再就職支援給付金が再就職支援奨励金へと名称が変更されました。再就職支援奨励金とは企業が自社の社員をリストラする際に、リクルートエージェントのような民間の転職エージェントに依頼すれば助成金がその企業に支給されるものです。助成金の上限もこれまでの40万円から60万円へと増額され、対象も中小企業から大企業も利用が可能になりました。

このように政府の主導でリストラが積極的に行われいて、その対象が40代や50代の中高年の社員なのです。そのため需要があると言われているマンション管理士ですが、40代や50代の再就職は決して容易ではありません。一つにはマンション管理士の資格は名称独占資格で、医師や建築士のような業務独占資格ではないからです。業務独占資格であれば中高年でも、比較的に再就職は容易です。ただ業務独占資格であっても、需要があまりなければ再就職は難しいと言えます。

40代や50代のマンション管理士でも宅地建物取引主任者や管理業務主任者の資格を持っていて、豊富な実務経験があればどこのマンション管理会社や不動産会社でも求めているので再就職も可能です。逆にマンション管理士の資格しか持っていない40代や50代の方であれば、企業も20代や30代の若いマンション管理士を採用します。つまり40代や50代で若い世代と同じような、スキルや資格しか持っていなければ再就職は難しいのです。

もしマンション管理士の方で再就職に苦労されているのであれば、リクルートエージェントなどこのサイトのランキング5位以内の転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。転職サイトの担当者があなたの希望を訊いた上で求人の紹介だけでなく、応募書類の添削や擬似面接など全て無料で行ってくれます。経験豊富なマンション管理士を、求めているところはたくさんあります。最後まで諦めずに、頑張って再就職を果たして下さい。

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.