マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】

マンション管理士の求人の探し方

マンション管理士の転職を希望する方は、給与などの待遇UPや休日がとりやすい環境など、いろんな希望条件があるでしょう。そんな時一人で求人を探すより転職サイトに任せるのが効率的です。 リクルートエージェントなら、キャリアコンサルタントに希望条件を伝えるだけで、求人のピックアップや転職準備などをサポートしてくれます。マンション管理士の優良求人も多数保有しています!

マンション管理士求人が高確率で見つかるサイト比較!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
転職成功実績No.1のリクルートエージェントでマンション管理士求人を探しませんか。
■マンション管理士求人なら約30万人が転職に成功しているリクルートエージェントです。
■時代が求めているマンション管理士の資格を活かせる求人の紹介し転職を徹底支援します。
マンション管理会社や不動産会社のマンション管理士求人ならリクルートエージェント。
■一般公開されていない非公開のマンション管理士求人もリクルートエージェントなら豊富。
■超難関なマンション管理士の転職なら専任のキャリアアドバイザーが自信を持って紹介。
■キャリアアドバイザーが飲料メーカーで働きたいあなたの強みを引き出し最適の求人をご紹介。
■マンション管理士の求人の紹介だけでなく応募書類の添削から擬似面接まですべて無料


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
登録者数が年間200万人のマイナビエージェントでマンション管理士として輝きませんか。
マンション管理業界に精通したキャリアコンサルタントが希望するような求人をご案内。
■キャリアコンサルタントがマンション管理士求人の紹介だけでなく業界動向も教えます。
■マンション管理会社の人事担当者とつながりが強いキャリアコンサルタントが徹底支援!
■大手マンション管理会社の企業が多い飲料メーカーへの就職や転職ならマイナビエージェント!
■マイナビエージェントのマンション管理士の求人情報は他にはない独自案件ばかりです。
年収アップやキャリアアップ目的のマンション管理士求人ならマイナビエージェントで!
■福利厚生が充実したマンション管理士求人もキャリアコンサルタントがあなたにご紹介。


DODAエージェントサービス 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
■最大級の転職支援サービスのDODAで希望するマンション管理士求人が必ず見つかります。
多数の転職エージェントとも提携しているので思いがけないマンション管理士求人の発見!
■専任のキャリアコンサルタントがあなたが希望するようなマンション管理士求人を紹介。
■レジュメを登録するだけであなたに興味をもったマンション管理会社からスカウトもあり。
■マンション管理会社や不動産会社でのあなたのマンション管理士の価値を知ることも可能
■キャリアコンサルタントが安定したマンション管理会社のマンション管理士求人をご紹介。
■求人情報の紹介だけでなく気になるマンション管理士の年収も年収査定サービスで試算可
■マンション管理会社の求人情報に精通したキャリアコンサルタントが採用基準まで教えます。


type転職エージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
年間に100万人が活用しているtypeであなたもマンション管理士求人を探しませんか。
■マンション管理士求人も希望する業種や給与や勤務地など条件から簡単に検索可能です。
■探している求人はスキルマッチング・希望条件マッチング・パーソナリティマッチングを活用!
業界専門のtypeのキャリアアドバイザーがあなたが輝けるマンション管理士求人を紹介。
■年収アップやキャリアアップなどキャリアアドバイザーに希望を遠慮なくお伝えください。
71%の転職者が年収アップに成功したtypeにマンション管理士求人はお任せください。
■キャリアアドバイザーが応募書類の書き方から面接対策までマンション管理士を徹底サポート
■typeには一般には掲載されていない非公開のマンション管理士求人の情報が満載です。


ワークポート 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ワークポートは最近人気の転職応援サイトです。マンション管理士の求人もお任せ!
■マンション管理士の求人探しに役立つワークポートの転職情報を活用して転職を成功へ!
■ワークポートの転職アドバイザーが非公開のお宝マンション管理士の求人もご紹介します。
■マンション管理士の求人情報なら転職のビギナーから達人級が利用できるコンテンツが豊富。
■「業務未経験だったがワークポート経由でマンション管理士の求人が数件見つかった」
 「年収550万以上でマンション管理士で探したがワークポートが見つけてくれた」など評価あり。


マンション管理士の転職事情は?

マンション管理士の専門性に関しては情報誌などでピックアップされることもあって、将来性のある職業のひとつとして挙げられます。しかし、資格が誕生してから十数年しかたっていないことなど様々な理由で、専門的な職種でありながら転職市場において高い需要があるとは言えない状況です。その為マンション管理士の転職事情は微妙で、求人情報が出ているようで出ていないといった現実があります。その背景には、マネージメントの最適化を実行することが主な仕事内容となるマンション管理士なので、正社員として仕事するよりも管理組合のサポーター的立場で仕事をすることが法制度に適合しているからです。そのことから様々な求人媒体に掲載される求人情報の就業形態が、一般の職業と根本的に異なっている傾向があります。

ただマンション管理士の資格を取得している方を対象とした求人情報は、マンション管理事業者から出されることがありますし、マンション管理コンサルタント会社やマンションデベロッパーなどからの求人もあります。また、建設会社やりフォーム会社の営業職求人、不動産業者の営業職求人などに対しても、マンション管理士の資格があることは有利になる材料です。比較的少ない求人情報ですが、このようにマンション管理士の資格を取得していることで転職先となる企業はいろいろとあるのです。今後マンション管理士の資格の重要性が認識されていくと徐々に需要も高まって、マンション管理士の転職事情が良い方向に向いていく可能性は考えられます。

マンション管理士の転職事情では、先に触れたマンション管理士の就業形態が一般の職業と異なっているという点も知っておく必要があります。それはマンション管理士の顧問契約で、本来なら独立開業して顧問契約を獲得していくことになるのでが、求人情報として掲載されていることもあるのです。実は顧問契約をするのはマンションの管理組合だけでなく、それ以外にも宅建業者や分譲業者などマンションを取り扱う業者とすることもあります。その為、それが求人情報として掲載される可能性もあるので、転職する時には求人情報の内容をしっかりと確認する必要があります。

このように、現段階ではマンション管理士の転職事情は恵まれた環境にあるとは言えません。しかし、マンション管理士として転職先を探すことは可能なので、こまめに求人情報をチェックする心がけが大事です。また、今後マンション管理士の転職事情も変化していく可能性があることも知っておくと良いです。

マンション管理士の採用基準は?

マンション管理士の採用基準ですがマンション管理士の資格は医師や弁護士のような業務独占資格ではなく、名称独占資格なので資格そのものが応募の条件になったり、採用の基準になることはありません。業務独占資格の場合はその資格取得者でないとその業務を行えませんが、名称独占資格の場合はその資格がなくても行えます。さらにマンション管理士の応募先はマンション管理会社や不動産会社ですが、マンション管理士だけの求人は殆ど目にしません。

20代や30代前半の若いマンション管理士であれば、協調性ややる気とか熱意が採用基準になります。またマンション管理士の資格は難易度が高いので、20代や30代前半で取得していれば、努力家としての評価を得ることができます。マンション管理会社や不動産会社であれば宅地建物取引主任者や管理業務主任者の資格も必須ですが、若くてマンション管理士の資格を取得していれば入社後に取得も可能です。

しかしこれが同じ30代でも30代後半になれば、会社の採用基準も少し異なってきます。30代後半であれば面接で人事担当者がやる気とか熱意だけでなく、これまでの仕事の経験や実績まで重視します。さらに30代後半で採用されれば係長や、課長などの管理職が一般的です。そのためマンション管理士だけでなく管理職としての、マネジメント力が採用基準になってきます。

もし40代や50代の方であれば、マンション管理士だけの資格だけで、採用されることは先ずありません。マンション管理士の資格の他に宅地建物取引主任者や、管理業務主任者の資格を持っていないと難しいでしょう。さらにこれまでの仕事の経験や実績だけでなく、協調性や高いマネジメント力が要求されます。40代や50代の方に対する採用基準は、以前と比べるとかなりハードルが高くなっています。

いくら資格を持っていても20代や30代の若い世代と同じ程度の能力であれば、40代や50代の転職はかなり厳しいと言えます。そのため40代や50代での転職は、周到な準備と計画性なしにはあり得ません。それと安易に仕事を辞めたりせずにリクルートエージェントなどの転職サイトに登録して在職での転職活動を行うべきです。40代や50代の中高年での転職活動が、1年以上も掛かっている事実を忘れないことです。

それともう一つ大事なことは転職サイト選びで、転職の成否も転職サイト次第だと言っても決して過言ではありません。信頼が置ける転職サイトを選び、是非とも転職で勝利を勝ち取って下さい。


Copyright (C) 2014-2018 マンション管理士求人ランキング【※高待遇のマン管求人はココ!】 All Rights Reserved.